これまでの粉体工学研究室の研究発表です。
発表者は下線で示してあります。
2017年度 (2017-2018)
2018年4月22-26日
(8th World Congress on Particle Technology)
(Orlando(USA),Orlando World Center Marriott)
Mikio Yoshida, Ryota Takatsuki, Genta Sakamoto, Jun Oshitani, Kuniaki Gotoh, Atsuko Shimosaka, Yoshiyuki Shirakawa, "DEM simulation and analysis of the effects of compression pressure on appropriate adhesive force of admixed particles for improving packing fraction", (4/25), No.101d

発表者は下線で示してあります。
2017年度 (2017-2018)
2018年3月13-15日
(化学工学会 第83年会)
(吹田,関西大学)
山村勇貴,下坂厚子,吉田幹生,白川善幸:“強固な構造体形成のための構成粒子の形状と配置構造の計算力学的検討”,(3/15),PE327
 
2018年3月8日
(平成29年度APPIE合同分科会(食品粉体技術分科会,粉体シミュレーション技術利用分科会))
(川崎,味の素(株)) 
吉田幹生:“微小粒子添加による主粒子表面のコーティング構造が粒子流動性向上効果に及ぼす影響”
   
2017年12月19-20日
(第26回微粒子シンポジウム)
(東京,産業技術総合研究所 臨海副都心センター 別館)
大嶋康太郎,下坂厚子,吉田幹生,白川善幸:“液滴内反応晶析による窒素ドープ酸化チタン中空粒子の作製と評価”,(12/20),B-211,pp. 139-142
柾伸哉,下坂厚子,吉田幹生,白川善幸:“模擬苦汁の滴下プロセスを用いたハイドロタルサイトの合成と評価”,(12/20),B-212,pp. 143-146 
 
 
2017年12月12日
(粉体工学会 第6回機能性粉体材料研究会)
(仙台,東北大学)
吉田幹生,三隅敦司,片山達貴,押谷潤,後藤邦彰,下坂厚子,白川善幸:“微小粒子添加による圧密流動性および排出流動性の向上効果に及ぼす主粒子径の影響”


 
2017年12月7-8日
(化学工学会 関西支部・中国四国支部合同 金沢大会)
(金沢,金沢商工会議所会館)
白川善幸:“微小反応場形成と粒子形態制御技術の紹介”,(12/8),D202,「招待講演」
和田知也,下坂厚子,吉田幹生,白川 善幸:“微小粒子添加法における主粒子物性が圧密流動性向上効果に与える影響の計算力学的解析”,(12/7),B115
川幡大知,下坂厚子,吉田幹生,白川 善幸:“DEMシミュレーションによる粒子層内落下物体の特異協調挙動発生メカニズムの検討”,(12/7),B116 


 
2017年11月13-15日
(第55回粉体に関する討論会)
(塩釜,ホテルグランドパレス塩釜) 
吉田 幹生,片山達貴,押谷潤,後藤邦彰,下坂厚子,白川善幸:“微小粒子添加による主粒子表面粗さが振動排出時の流動性向上効果に及ぼす影響”,(11/14),16,pp.67-71 
 

 
2017年10月12日
(APPIE産学官連携フェア2017)
(大阪,インテックス大阪) 
吉田幹生, 下坂厚子, 白川善幸:“微小粒子添加で粒子流動性を向上させよう!”,09,技術シーズ賞受賞 

 

 
2017年10月10-11日
(粉体工学会 2017年度 秋期研究発表会)
(大阪,インテックス大阪) 
廣瀬敬祐, 下坂厚子, 吉田幹生, 白川善幸:“有機系スラリーのレオロジー特性に及ぼす相互作用力と固体体積濃度の影響”,(10/10),BP-25,pp.82-83
 

 
 2017年7月30日-8月3日
(The 7th Asian Particle Technology Symposium)
(Tauyuan(Taiwan),Chang Gung University Campus)
Yoshiyuki Shirakawa, Yoshihisa Maeyama, Mikio Yoshida, Atsuko Shimosaka:“Hydrogen Storage Properties of Metal Nano-particles with a Hybrid Computer Simulation”,(7/31),PD-2,p.172 
Mikio Yoshida, Atsushi Misumi, Jun Oshitani, Kuniaki Gotoh, Atsuko Shimosaka, Yoshiyuki Shirakawa:“ Effects of Main Particle Diameter on Improving Particle Flowability in a Smaller Particle Admixing System”,(8/2),O11-2,p.111 
Yuto Deki, Atsuko Shimosaka, Mikio Yoshida, Yoshiyuki Shirakawa:“Numerical Analysis of Mutual Diffusion in Liquid-Liquid Interface for Crystal Morphology Control”,(7/31),O1-3,p.61
 

 
 2017年6月20-21日
(粉体工学会 第52回技術討論会)
(横浜,横浜国立大学教育文化ホール)
白川善幸,出来祐人,森千菜津,下坂厚子,吉田幹生:“多成分溶液からの析出・分離を利用した粒子複合化技術の開発”,(6/21),一般-19,pp.90-91 
 
 
2017年6月1-2日
(2017年度日本海水学会第68年会)
(京都,京都市国際交流館)
森千菜津,下坂厚子,門田和紀,戸塚裕一,吉田幹生,白川善幸:“液相中静電噴霧法を利用したGlycine-NaCl複合粒子の作製と複合形態の制御”,(6/1),B-26S,pp.169
富永陽子,門田和紀,戸塚裕一,下坂厚子,吉田幹生,白川善幸:“L-アスコルビン酸封入型チタニア中空粒子の作製および徐放性の検討”,(6/1),B-18S,pp.167
   
2017年5月16-17日
(粉体工学会 2017年度 春期研究発表会)
(東京,早稲田大学国際会議場)
川幡大知,下坂厚子,吉田幹生,白川善幸:“粒子物性が粒子層内特異協調挙動に及ぼす影響のシミュレーション解析”,(5/17),一般-7,pp.88-89
金児尚弥
,下坂厚子,吉田幹生,白川善幸:“微小粒子添加による排出流動性向上効果に及ぼす排出振動数と被覆状態の影響,(5/17),一般-18,pp.96-97
 
 
 2017年4月12日
(2017年度 第1回 同志社大学 高機能微粒子研究センター講演会 )
(京田辺,同志社大学)
 Mikio Yoshida:“DEM simulation and analysis of the effects of adhesive forces and rotations of admixed particles on improving main particle flowability”

発表者は下線で示してあります。
2016年度 (2016-2017)
2016年12月8日
(化学工学会関西支部 CESエクスカーション)
(伊丹,パウレック株式会社)
下坂厚子:“材料微構造制御のための粉体プロセス設計支援シミュレーション”
 

 
2016年12月1日
(国際粉体工業展2016 アカデミックコーナー)
(東京,東京国際展示場)
 吉田幹生:“微小粒子添加による粒子流動性向上メカニズムの解析”,「優秀研究賞」受賞


2016年11月29日
(粉体工学会 2016年度 秋期研究発表会)
(東京,東京国際展示場)
出耒祐人,下坂厚子,吉田幹生,白川善幸:“拡散方程式を用いた液液二相間における界面近傍の濃度計算と析出結晶の形態制御”,(11/29),BP-4,pp.50-51
菊池健太,下坂厚子,吉田幹生,白川善幸:“液相中静電微粒化プロセスを利用したタウリン粒子形態制御技術の開発”,(11/29),BP-5,pp.52-53
前山嘉久,下坂厚子,吉田幹生,白川善幸:“Tiナノ粒子の水素吸蔵挙動に与える温度変化の影響”,(11/29),BP-7,pp.56-57
松尾浩志,下坂厚子,吉田幹生,白川善幸:晶析法におけるフェーズフィールド法を用いたNaCl粒子の形態設計”,(11/29),BP-19,pp.80-81
加藤幹也,下坂厚子,吉田幹生,白川善幸:“固液混相シミュレーションを用いた微粒子懸濁液のレオロジー特性推算”,(11/29),BP-33,pp.108-109
 

 
 2016年11月15日
(第5回機能性粉体材料研究会)
(仙台,東北大学)
 吉田幹生:“添加粒子の付着力と回転が主粒子の流動性向上効果に及ぼす影響の計算力学的解析”
 
 
2016年10月13日
(APPIE 第2回ベストシーズ講演会)
(京都,TKPガーデンシティ京都)
吉田幹生:“粒子流動性向上に微小粒子の添加はいかが?”,「受賞講演」
 
 
2016年10月7日
(化学工学会関西支部 第4回技術シーズフォーラム)
(京都,同志社大学)  
菊池健太,下坂厚子,吉田幹生,白川善幸:“液相中静電微粒化プロセスを利用した粒子形態制御技術の開発”,P13
出耒祐人,下坂厚子,吉田幹生,白川善幸:“数値解析による液液二相拡散現象の定量化と析出結晶の形態制御”,P15
吉田幹生:“微小粒子添加で粒子流動性を向上させよう!”,P18
 
 
2016年9月21日
(2016年度 同志社大学 高機能微粒子研究センター講演会 & 化学工学会関西支部京滋化学交流会)
(京田辺, 同志社大学)
白川善幸:“エアロゾル粒子として海洋からもたらされる塩害と塩益について”


2016年9月6-8日
(化学工学会 第48回 秋季大会)
(徳島,徳島大学)
吉田友一,井上洋平,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“Effect of APerture Structure of Dutch Weave Mesh on Flow Resistivity”,(9/6),X113,「優秀論文賞 受賞講演」


2016年7月28-30日
(粉体工学会 2016年度 第2回 粉体操作に伴う諸現象に関する勉強会)
(土岐市,八勝園湯元館)
出耒祐人:“液液二相間拡散現象の数値解析に基づく結晶形態制御”,(7/29)


2016年6月14-15日
(粉体工学会 第51回 技術討論会)
(東京,東京大学)
白川善幸,釜野遥平,下坂厚子:“熱分析を用いた塩ならびにアミノ酸の不均一核生成の評価”,(6/14),一般-9,pp.52-53
出耒祐人,下坂厚子,白川善幸:“数値解析による液液二相界面拡散現象の定量化と結晶形態の予測”,(6/14),一般-11,pp.56-57
吉田幹生,横山達也,押谷潤,後藤邦彰:“粒子層内に挿入した棒の引抜きによるせん断応力を利用した粒子付着性評価”,(6/15),一般-29,pp.118-123


2016年5月17-18日
(粉体工学会 2016年度 春期研究発表会)
(京都,京都リサーチパーク)
大嶋康太郎,田中智也,下坂厚子,白川善幸:“チタニア中空粒子作製と中空内金属担持技術の開発”,(5/18),一般-5,pp.168-169



発表者は下線で示してあります。
2015年度 (2015-2016)
2016年3月13-15日
(化学工学会 第81年会)
前山嘉久,下坂厚子,白川善幸:“Pdナノ粒子表面における圧力変化が水素吸蔵挙動に与える影響”


2015年10月18-22日
(THE ADHESIVE AND SEALANT COUNCIL 2015 FALL CONVENTION)
久志本築,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“New quantitative evaluation method of the dispersion state of filler particles using the permittivity of sealants”


2015年10月13-14日
(粉体工学会 秋期研究発表会)
小西由侑人,下坂厚子,白川善幸:“メカノケミカル法を用いたco-amorphous形成に及ぼす粉砕条件の影響”


2015年9月27-10月1日
(10th European Congress of Chemical Engineering)
古川幹太,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“Influences of slurry drying conditions on particulate structure and binder distribution in ceramic green sheets”
唐沢裕子,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“Influence of particles surface modification on rheological properties of suspension”


2015年9月15-18日
(THE 6TH ASIAN PARTICLE TECHNOLOGY SYMPOSIUM)
     
出耒祐人,下坂厚子,白川善幸:“Study on solvent diffusion behavior of the interface and the particle precipitation mechanism in liquid-liquid interfacial crystallization”
伊藤泰博
恩田沙織,下坂厚子,白川善幸:“Development of novel technology to prepare composite particles using heterogeneous nucleation by surface charge”
小西由侑人,下坂厚子,白川善幸:“Effect of operating conditions on structural change and radical formation of amino acid particles by a planetary ball mill”
吉本大樹,下坂厚子,白川善幸:“Production of zirconia hollow particles by liquid-liquid interfacial reaction using micro reactor”
田中智也,下坂厚子,白川善幸:“Morphology control of TiO2 particles using inkjet nozzle and advancement of photocatalytic performance supported Pd”
光永拓也,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“Control of the particulate structure in the functional coated film by electrostatic powder coating” 
 
 
2015年7月7-10日
(The 5th Int'l Conf. on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materials and the 51st Summer Symposium on Powder Technology) 
古川諒一
出耒祐人,下坂厚子,白川善幸:“Effect of habit modifier addition and atomization conditions on particle morphology”
 
 
2015年6月15-29日
(International Powder and Nanotechnology Forum, IPNF2015)
出耒祐人,下坂厚子,白川善幸:“Relationship between particle morphology and mutual diffusion in liquid-liquid interfacial crystallization”
 
 
2015年5月19-20日
(粉体工学会 2015年度 春期研究発表会) 
菊池健太,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“電場を利用した液‐液界面晶析プロセスにおける核生成頻度の熱力学的考察”
松尾浩志,伊藤泰博,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“交流電場を用いたエマルション晶析プロセスにおける粒子径制御技術の開発”
 
 


発表者は下線で示してあります。
2014年度 (2014-2015)
2015年3月5日
(第30回塗料・塗装研究発表会)
光永拓也,下坂厚子,白川善幸,日高重助,伊藤春揮,加藤雅宏,柳田健三:“静電粉体塗装による機能性塗膜内粒子構造の制御”


2014年12月1-2日
(Pharma Tech)
下野圭亮,門田和紀,戸塚裕一,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“Effect of operating conditions on the formation of caffeine co-crystal via liquid-assisted grinding”


2014年11月25-26日
(粉体工学会)
     
白川善幸
釜野遥平,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“フェーズフィールド法を用いた異方性アミノ酸粒子の形態設計”
出耒祐人,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“液−液界面の拡散挙動と粒子構造形成に及ぼす媒晶剤の影響”
岸本哲郎,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“液相中静電微粒化プロセスを利用した粒子形態制御技術の開発”
下野圭亮,下坂厚子,白川善幸,日高重助,門田和紀,戸塚裕一:“メカノケミカル法によるカフェイン共結晶の形成に及ぼす操作条件の影響”
吉田昌平,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“金属のナノ粒子化が及ぼす水素吸放出特性への影響”
笠松郁也,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“スラリー液膜乾燥シミュレーションによるAl2O3-SiO2複合薄膜内粒子構造制御法の開発”
 
 
2014年10月22日
(化学工学会技術シーズフォーラム) 
下野圭亮,下坂厚子,白川善幸,日高重助,門田和紀,戸塚裕一:“メカノケミカル法による カフェインの共結晶化に及ぼす操作条件の影響”
釜野遥平,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“フェーズフィールドシミュレーションによる新奇複合粒子作製プロセスの設計”
田中智也,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“インクジェットノズルを用いたチタニア微粒子の作製と形態制御”


2014年9月30日
         -10月3日

(13th Mediterranean Congress of Chemical Engineering)
     
久志本築,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“Measurement of the dispersion state of particle fillers in composite materials by dielectric constant”
光永拓也,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“Control of the particle structure in the functional coated film by electrostatic powder coating”
 
 
2014年9月29-30日
(日本海水学会若手会) 
吉本大樹,白川善幸,下坂厚子,日高重助:“マイクロリアクタを用いた酸化ジルコニウム生成における粒子形態制御”
田中智也,白川善幸,下坂厚子,日高重助:“インクジェットノズルを用いたチタニア微粒子の作製と形態制御”
 
 
2014年9月25-27日
(第52回粉体に関する討論会)
吉田友一
 
 
2014年9月16-19日
(19th International Symposium on Industrial Crystallization) 
(Toulouse) 
釜野遥平,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“Designing morphology of amino acid particles with phase-field method”
出耒祐人,白川善幸,下坂厚子,日高重助:“Production of spherical particles by liquid-liquid interfacial crystallization with habit modifiers”
岸本哲郎,白川善幸,下坂厚子,日高重助:“Influence of electric field on form of precipitated particles in liquid-liquid interfacial crystallization processes”
 
 
2014年8月23-27日
(21st International Congress of Chemical and Process Engineering)
(Praha)
笠松郁也,白川善幸,下坂厚子,日高重助:“Simulation of formation behaviour of particle structure in slurry film during drying for thin ceramic green sheet”
 
 
2014年8月6-7日
(粉体工学会夏期シンポジウム)
下野圭亮,下坂厚子,白川善幸,日高重助,門田 和紀,戸塚 裕一:“メカノケミカル法を用いたカフェイン共結晶形成に及ぼす操作条件の影響”
 
 
2014年6月17-20日
(2nd Asian Crystallization Technology Symposium)
(奈良)
釜野遥平,門田 和紀,白川善幸,下坂厚子,日高重助:“Thermodynamic analysis of heterogeous nucleation on metal substrates in cooling processes”
 
 
2014年6月17-18日
(粉体工学会第49回技術討論会)
(東京)
小西由侑人,山本 篤史,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“メカノケミカルプロセスにおけるアミノ酸粒子のラジカル形成機構の解明”
 
 
2014年5月29-30日
(粉体工学会2014年度春期研究発表会) 
(京都)    
光永拓也,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“静電粉体塗装による機能性塗膜内粒子構造の制御”
唐澤裕子,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“微粒子スラリー粘度に及ぼす微粒子表面修飾剤の影響”
伊藤泰博
恩田沙織
田中智也,田村 光,下坂厚子,白川善幸,日高重助:“インクジェットノズルを用いた酸化物多孔質粒子の作製と形態制御”
吉本大樹,服部祐也,白川善幸,下坂厚子,日高重助:“マイクロリアクタを用いた反応晶析における粒子析出速度に与える温度の影響”
 
 



過去の発表も順次更新予定